いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 06月 30日

吉井画廊「AMERICA 1937」 名取 洋之助 写真展

c0155474_10162467.jpg銀座の吉井画廊でhttp://www.galerie-yoshii.com/、名取洋之助 写真展をやっている。

いかにも、古き良きアメリカだなぁ、写真がきわめて写真らしく、とても幸せな時代だったなぁと思わせる、モノクロの写真が並ぶ。

時代は、1937年7月13日から50日間。自動車で約8000kmを踏破した。ふわふわの綿を持った黒人の青年、ちょっと低いアングルから、青空をバックに麦わらの頃になるなファッションの女性を撮った1枚、インディアン居住地やどどーんと広いニューメキシコの砂漠、艀にT型フォード(?)の並ぶ風景……。

キャプションはなく、写真の魅力と存在感がぐぐっーと迫っている写真ばかり。

帰り道に撮ったモノクロ3枚。あーん・・・。GRDII
c0155474_23133624.jpg
c0155474_23134929.jpg
c0155474_23135623.jpg


by sustena | 2009-06-30 23:14 | Art/Museum | Comments(6)
Commented by Lucian at 2009-06-30 23:23 x
傘って、腕にぶら下げて歩くこともできるなんて、目から鱗でした。
省スペース用の自転車置場は、さすが東京です。
色を想像するには3枚目の色調がいいですね。
Commented at 2009-06-30 23:35
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by higphotos at 2009-07-01 11:17
名取洋之助さんですか。詳しくはないですが、観てみたいです。
テーマも良いですね。
フラっと写真展に立ち寄れるのは羨ましい限りです。

この夏は川崎でハービーさんの写真展があるハズです。
これは行ってみようかなって思ってます。

そして、sustenaさんの銀座モノ。良い感じです。
Commented by sustena at 2009-07-02 00:44
Lucianさん、この自転車がズラリと並んでいるは、吉井画廊のすぐ近くのNTT東日本のあるビルで、むかしは、テレホンカードなんかを扱ってました。いまはこの自転車を何に活用してるのかしら?BJだったら、電話帳の届けや回収なんだろうけど。
Pくん、おもしろいものはきをつけよということでしょうか。アッと思ったら、すぐ見境もなく撮ってしまうんです・・。
higphotos さん、地の利には本当に恵まれています。そのロケーションをもっと活かしたいんですけれど。
Commented at 2009-07-02 00:51
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sustena at 2009-07-02 22:29
なるほど、オモシロイものは、観光ピース写真になっちまうと。至言なり。心します。


<< 番地のある花      あっ、カニっ! >>