2009年 06月 11日

森山大道「記録」on the road collaboration with 8 creators

c0155474_053985.jpg別に森山大道のことが好きなわけではないのだけれど、この1年ぐらい、あちこちで森山大道展をやっていて、きのう立ち寄ったepSITEでも「記録」on the road collaboration with 8 creators という展覧会をやっていたので覗いてみた。

これは、森山大道がかつて自費出版していた『記録』を、2006年に復刊。その6号から11号までに掲載された作品をモチーフに、8組のクリエイターが、作品をEPSONのインクジェットプリンターで出力する、という条件以外は好き勝手に料理して作品に仕上げるという趣向の企画展だ。

グラフィックデザイナーの岡室 健さん、軍司 匡寛さん、エディトリアル・デザイナーの川名 潤さん、映像作家の喜田 夏記さん、画家の斎藤 彩さん、一級建築士のベラ・ジュンさん、アートディレクターのユニットであるヤング アンド ロボットの8組で、私が見に行った時点ではヤング アンド ロボットが作品が間に合わなかったとかで、そこの壁だけ空白になっていた。

森山の作品をモチーフにしているけれど、万華鏡のような岡室の作品、絵の具?の質感に惹かれる喜田の作品、ベラ・ジュンの一瞬、そのままの作品かと思ってしまう巧みなコラージュなど、それぞれまったく違うアプローチで、あの森山のハイコントラストのモノトーンのパワーにどう対峙するか?が見どころなのであった。
c0155474_0532894.jpg

c0155474_0534452.jpg

森山の写真を見ると、いつもモノクロ気分になってしまい、epSITE近くの通路でぱちり。
c0155474_0542544.jpg

K-7をさわってみようとPENTAXのショールームにいったら休みだった(T_T)

by sustena | 2009-06-11 00:55 | Art/Museum | Comments(6)
Commented by jmiin at 2009-06-11 06:00
びっくりした。
K-7を予約しに行ったのかと思った^^;
Commented by Lucian at 2009-06-11 17:53 x
好き嫌いは別として、70年代の森山大道の影響は大きかったです。
モノクロはみなハイコントラストにしてしまいました。
Commented by esiko1837 at 2009-06-11 21:37
それは、もっとD40を使い込めというお告げかもしれません。
Commented by sustena at 2009-06-13 01:04
jmiin さん、本日5分ほどさわってきました。あれこれさわってたら、無粋にも電話がかかってきて、それっきり。持ちやすかったなー。
Lucianさん、アレボケ、いっときはかぶれちゃいますよね。とくにあのころだったら。
esikoさん、お告げ、お告げうーん、うーん。そういえば、きのう依頼したカメラマンが、私の持ってるNikonの35-70mmをD200にくっつけてポーレートを撮ってて、ああオートがきくんだ、うらやましいなぁと一瞬思ってしまいました・・。これもお告げかしらー。
Commented by higphotos at 2009-06-13 10:51
あらら、残念でしたね。

そして、モノ。
すごく良い構図ですね。しっかりしていて安定感あります。
好きなんです。こういう写真が。
Commented by sustena at 2009-06-13 14:31
higphotosさん、コメントありがとうございます。
エプサイトはまぁ、クライアントのあるビルの近くなので、しょっちゅう顔出しできるから、それほど落胆もしてないんです。このビルは、いつも通路部分とか、どこかしら、おっ、と気になるところを発見します。天井はいまいちなんですけど。


<< 巣鴨駅前      飯塚 武教写真展「DISCOV... >>