いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 06月 01日

F値のカンドコロ

カメラの入門書を読みあさったとき、いちばんぴんとこなかったのが、F値のお話だった。もちろん、開放と絞りでは、入ってくる光の量が違って、ピントのあう範囲が違うのだ、それをヒシャカイシンドというんだ、とかなんとか、いちおうの理屈はわかる。

でも、どんなシーンで、どれくらい絞るのが正解なのか? なぁんてことは、まるで理解できず。実践あるのみと、初めて買ったD40xで、一眼ならよくわかるかと思ったのだけど、絞るとぶれるばかりで、別に遠くまでスッカーンとピンが合うわけではなく、絞っても絞らなくてもムニャムニャ写真で、ボーゼンとしたのだった。
そのときつけていたレンズは18-135mmF3.5-5.6で、ズームにしたら、背景がぼけるなーという程度の実感しかもてなかったのである。ましてやコンデジにおいてをや。絞っても絞らなくても、そんなに大きく絵が変わるわけじゃないしー。

かくて、私にとってF値の頃合い感というのは、いまだに大きなナゾなのである。

ところで、レンズなんて増やすものか、管理がたいへんなだけだと思っていたものの、次第に欲が出て、35mmF1.8が出たときにいそいそと買いに走ったのはご報告した通り。

しかーし、こいつがクセモノなのであった。液晶で確認してこんな感じかなと撮ったものをPCに取り込むと、あーらー、もっと広い範囲でピンがあっているかと思ったら、こんなにあてどもない写真とは~なんて思うことがたびたび。

A優先で同じ場所を撮り比べてみたりしてるんだけど、ぜーんぜん感じがつかめない。失敗写真が続出して、カラスコ20は失敗もまた楽しいのに、オートのくせに~なんて思うから、なんだかオモシロクナイ奴なのである。

でも、このレンズは標準の画角をたたきこもうと思って買ったのだった、と、ちょっと反省して本日も持ち歩いてみたんだけど、なんだか2段ぐらい明るすぎー。

むずかしいな、とブータレながら、夕方、会社近くの白いアジサイ??をぱちり。
c0155474_23195191.jpg

D40+35mmF1.8

by sustena | 2009-06-01 23:20 | カメラ・レンズ・写真レッスン | Comments(7)
Commented by jmiin at 2009-06-02 05:59
絞りの効用は、
1.被写体までの距離
2.フイルムフォーマットの大きさ、小ささ
3.そしてf値

最低この3つが絡んで写真になって出力されてきます。
だから難しいんですよね。

所で.....

絞るとブレ。ペンタックスのカメラなら、どんなレンズでももれなく手ぶれ
補正で便利なんですよー^^; どうです? K-7 
と囁いておきます。
うぷぷ
Commented by esiko1837 at 2009-06-02 06:48
K100Dが初めての一眼でしたが、レンズを別に買わなきゃいけないというのも知りませんでした。
で、価格コムで調べてみたら、どうやらDA31というのがいいらしいというので、F値も焦点距離も何も分からないままに買って、今までのコンデジみたいにバッチリ写って無いのでガッカリした記憶があります。
で、「ぼやけてるところがあるんですが、どうやったら全体がはっきり写るんでしょうか?」なんて質問をしました。
今は登場しなくなりましたが、写画楽さんが呆れながらも(多分)、F11くらいにして、フレーム範囲の中間くらい(だったかな?)にピントを合わせてやってみたら云々と親切に教えてくれたのが忘れられません。
で、画角が狭いのもわからずにそれで沖縄に行ってきましたが、レンズの性能が良かったのと手ぶれ補正のおかげで、結構いい写真が撮れました。
手ぶれ補正の威力は大きいと思います。
ということで、なみすけさんの行く先は決定ですね。
Commented by esiko1837 at 2009-06-02 06:50
DA31←FA31の間違いです。
そして、今はそのレンズがのどから手が出るほど欲しいです!
Commented at 2009-06-02 16:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sustena at 2009-06-03 01:37
jmiinさん、マニュアルに載ってるexif情報をチェックしたりするんですけど、こればかりは自分で体得するしかなさそうですね・・。
esikoさんは、最初から、切った張ったでいろんなカメラとレンズをためしているのですね。気力体力根性がある~。
Pくん、価格comの書き込みを見ても、ペンタファンはみな熱いですね。
Commented by higphotos at 2009-06-05 16:53
私も全然、カンドコロが分かってません。
が、結局は写真は「光と遊ぶ」ことかなって思います。

絞りすぎ、開けすぎ、バンザイです。
いろいろ撮って楽しみましょう。
Commented by sustena at 2009-06-05 23:35
「光と遊ぶ」って言葉ステキですね!! めいっぱい遊びたい。


<< マゼンタ靴      雲 >>