いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 04月 23日

歌舞伎座『四月大歌舞伎』

先日歌舞伎座で、歌舞伎座さよなら公演「四月大歌舞伎」を見た。昼の部と夜の部、どっちも選びがたかったので、一大決心をしてフンパツしたのであった。

昼の部は、伽羅先代萩。なんといっても、玉三郎の政岡と 仁左衛門の八汐の対決が見物♪ 仁左衛門は、すずやかな知将というよくやる役ではなく、御家乗っ取りを狙う悪役である。ニクニクしいんだけど、愛嬌があって、こんな役もサマになっていて二枚目の立役よりこっちが好きかもーと思っちゃった。玉三郎の政岡は、わが子の千松が八汐にギリギリと殺されていくところを、ジッと見ているその目つきだゾクッとした。
大好きな三津五郎が、ちょこっとしか出なかったのが無念。仁木弾正は妖術使いのくせに、すぐ負けちゃうなんてねーと思ったけれど、吉右衛門は実に男前で、あまり悪い奴にはみえないのであった。

c0155474_0225298.jpg
通し狂言 伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)

  花水橋/竹の間/御殿/床下/対決/刃傷

  花水橋
            足利頼兼  橋之助
            絹川谷蔵  染五郎

  竹の間・御殿
            乳人政岡  玉三郎
             沖の井  福 助
              松島  孝太郎
           侍女澄の江  新 悟
             栄御前  歌 六
              八汐  仁左衛門

  床下
            仁木弾正  吉右衛門
          荒獅子男之助  三津五郎

  対決・刃傷
            細川勝元  仁左衛門
         渡辺外記左衛門  歌 六
            渡辺民部  染五郎
           山中鹿之助  高麗蔵
            笹野才蔵  松 江
            大江鬼貫  由次郎
            山名宗全  彦三郎
            仁木弾正  吉右衛門

一方、夜の部は、「毛谷村」「廓文章」「曽根崎心中」。
ここても仁左衛門の伊左衛門と玉三郎の夕霧という組み合わせ。伊左衛門のぼんぼんの駄々っ子ぶりがかわいい♪、玉三郎の花魁はいつもながら美しいッ。衣裳が豪華~(ため息)。アッそれと、常磐津節浄瑠璃の一巴太夫の声がココロにしみわたったなぁ。
曽根崎心中は、藤十郎の当たり役で、ポスターは若いころの写真かと思っていたらさにあらず。おや、意外に小顔に見せててしかもきれいじゃないの♪ それに藤十郎のお初の積極的なこと。肉感的で、この人がこうと決めたら、ずくずるひっぱられちゃいそうだなぁ。翫雀の徳兵衛と、二人とも太めなので、道行はコロコロ。文楽と、生身の登場する歌舞伎と、違いがきわだってとても興味深かった。

夜の部
c0155474_023215.jpg

一、彦山権現誓助剱(ひこさんごんげんちかいのすけだち)
  毛谷村
           毛谷村六助    吉右衛門
              お園    福 助
              お幸    吉之丞
      微塵弾正実は京極内匠    歌 昇
           杣斧右衛門    東 蔵


二、夕霧 伊左衛門 廓文章(くるわぶんしょう)
  吉田屋
          藤屋伊左衛門    仁左衛門
            扇屋夕霧    玉三郎
           太鼓持豊作    巳之助
            番頭清七    桂 三
           阿波の大尽    由次郎
        吉田屋女房おきさ    秀太郎
         吉田屋喜左衛門    我 當


三、曽根崎心中(そねざきしんじゅう)
           天満屋お初    藤十郎
          平野屋徳兵衛    翫 雀
          天満屋惣兵衛    竹三郎
          田舎客儀兵衛    錦 吾
           手代茂兵衛    亀 鶴
           油屋九平次    橋之助
         平野屋久右衛門    我 當

c0155474_2228692.jpg


by sustena | 2009-04-23 00:13 | Theatre/Cinema | Comments(2)
Commented by higphotos at 2009-04-23 12:47
なかなか良いボケですねぇ。
やっぱり、黄色い花は元気をもらえます。イイ感じ。
Commented by sustena at 2009-04-25 22:07
higphotosさん、この写真、真ん中のボケはいかがなものかと、何パターンか都民具してみたんですが、やっぱりこのぼわーっとした写真が好きでこれをアップしてしまいました。


<< 宮本亜門演出『三文オペラ』      武田 康男『すごい空の見つけかた』 >>