いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 04月 15日

西荻のスナック点描

Nuts-coさんが先日の西荻散歩のすてきな看板をブログにアップしていたので、朝、駐輪場から駅にいく途中、いつもは通らない車道を通ってみた。

すると、夜は活気があっても、朝のシラジラとした光のなかでは、ダサさばかりが目につくのであった。
ここは、やけにスナック・パブが多いビル。
c0155474_21221326.jpg

「サパー」とゆーのがポイントかな。
c0155474_21225053.jpg

わー、ベタベタな・・・。
c0155474_21233432.jpg

と、「顔」を発見。完治したはずだったんだけどな。撮らないことしようと思ってたのに、看板を見てたら、ノリが伝染ったというか・・。
c0155474_21242884.jpg


by sustena | 2009-04-15 21:23 | 看板・サイン・ポスター | Comments(5)
Commented by nuts-co at 2009-04-15 22:45 x
顔の病は、治るかと思えばぶり返し、なかなかしつこいものです。
西荻は、行列が出来てたベーグル屋さん、時間がなくて買えなかったのが残念。ダサけりゃ、ダサイなりに気になるのが看板ですね。サパーの店なんぞ、入ったらいったいどんなでしょう。「イルカに乗った少年」の店と同様、ちょいと気になります。
Commented by jmiin at 2009-04-16 05:28
あ、
そうそう、飲み屋さんの看板って、夜見る事が前提なのでしょうか。お昼
と言うか、白日の下にさらけ出すと、ホントにトホホなモノが多いので、
やっぱり夜見る様にしてやってください^^;
Commented by esiko1837 at 2009-04-16 17:00
その病は、治そうとしてはいけないのですよ。
だましだまし共に歩んでくださいませ。
サパー・・・・中学校で習ったきり、全然ご縁のない言葉です。
Commented by Lucian at 2009-04-16 21:06 x
この手の看板は目立つが勝ちですからね。黄色と黒のコントラストなんか究極の注目度でしょう。彷徨う蛾を街灯に引き寄せるような目論見が、白日の下で露わになる違和感がまた写真的でもあります。
Commented by sustena at 2009-04-17 00:02
イルカにのった少年は、やっぱり、あの歌からなのかなぁ。いつも通るたびに気になってしまうんです。看板って、オーナーの個性がにじみ出るので楽しいです。
jmiinさん、トホホもまた愉しからずや。
esikoさん、アップしてはいないんですけど、実は佐原でもあちこちで撮ったのをためこんでいるんです・・・。サパーってカタカナで書いてあって、一瞬なんのことかな?と思いました。
Lucianさん、目立たせようというのが集まるとまた埋没しちゃったりしますが・・。この手の看板って、洗練されすぎているより、ダサいほうがウケるような気がします。



<< Shochu      春の色いろ >>