いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 02月 15日

会長とナンバー2に続け~

全乾連の輝かしい戦果?が次々に報告されるなか、ぽつねんとしているわけにはいないッ!本日は天気がいまいちだけど、昨晩つくった里芋の煮っころがしを8ミリぐらいに切って干してみることにした。イージーかしら・・・。
c0155474_112304.jpg

予約しておいた干し野菜関係の本が届いたので、これから、メニューのバリエーションをナナメ見してみます。目ぼしいものが見つかったら、ご報告しますが、会長とナンバー2の創意工夫にまさるものはないと確信しているのでした。

追伸)
ネバネバ系の乾燥はいけそうです。今回は、一日干してフィニッシュをオープンとしたので、いささか別物になってしまったような気もするけれど、表面が日向臭く乾燥して、おまけにオーブンのせいでパリパリでなかはねちょっが残っているので好評でした。ただワタクシ的には、単純に蒸したのに塩味ぐらいのほうが、干したあと味が濃縮されても気にならないように思います。
長芋はわからないけど、干しイモ系のナンバーワンはサツマイモじゃないかなぁ。

by sustena | 2009-02-15 11:25 | 食べ物 | Comments(3)
Commented by esiko1837 at 2009-02-15 14:09
ジャガイモは失敗でしたが、里芋は成功の予感がします。
イモ類で成功するには、ある程度の粘度が必要のような気がしてきました。
Commented by nuts-co at 2009-02-15 15:38 x
わお、里芋の煮っ転がしときましたか。ある程度の粘りが必要、っていうのはきっと正解ですね。むっちりした里芋おやつが出来るかな。兵糧、って感じ。銀座の町を歩きながら、こっそりポケットから出して、かじってみてください。
干し野菜の本の情報、楽しみです。思いがけない何かが出てくるかしらん。
Commented by sustena at 2009-02-15 17:05
さきほど、待てずにひとつかじってしまいました。全然まだデシタ。あとでオーブンに入れたら、きっと夜のうちになくなってしまいそう・・・。


<< 秋葉原へ      橋のたもと >>