2009年 01月 22日

銀座スペイン料理屋の壁

昼休み。以前から気になっていたスペイン料理の店に入った。通りに出ていた看板の写真があまりにも上手で、おいしそうだったのだ。

お店の名前はKANIZA。タパスというスペインの小皿料理が得意みたい。
カウンターに座り、横の壁を見たら、スペインの新聞に、カラー写真や雑誌の一部がコラージュされていた。ぱちり。
c0155474_23383374.jpg

ランチメニューはいろいろあって、迷ったのだけれど、イベリコ豚のチョリソーのミネストローネにした。前菜は、生ハムのサラダを選ぶ。

サラダのドレッシング、クミン?か何かのインドのスパイシーな風味が隠し味に。ニンジンと生ハムがおいしかったのと、パンがマル。ミネストローネは具がぎっしり(カップからあふれそうです)。ちょっと塩味が強かったけど、まあチョリソーだからやむをえない。食後のコーヒーが、予想以上においしくて、うれしかったなぁ。
c0155474_23385487.jpg

お店を出るとき、エレベーター前の鏡の前にキャンドルが並んでた。妖しい色合いにぱちり。ボサボサ頭がうつってたので、トリミングしたら、ちょっと中途半端になっちゃった。でもこんなお店です。
c0155474_23405960.jpg


by sustena | 2009-01-22 23:37 | 食べ物 | Comments(3)
Commented by nuts-co at 2009-01-23 00:01 x
おお、我が友人は、私が家でヒンソなうどんすすっている時に、こんなおいしそうなランチを食べていたのか。人生、ほんとうにいろいろですね。そのいろいろが面白いのだ、と思うことにします。スペイン料理の店にマトリョーシカはありですか?
Commented by esiko1837 at 2009-01-23 07:08
ミネストローネもサラダも美味しそうですね。
ミネストローネって食べたことがありません。
本を見て作ってみようかなと思ったことがありますが、やはり一度自分の舌で本物を味わってみないことには、美味しく作りようがありません。
壁に貼ってある左右ど髪型が違う写真、面白いですね。
指名手配の写真のようにも見えます。
Commented by sustena at 2009-01-23 22:51
マトリョーシカはたしかにヘン。スペイン風の色みってことは・・ないか。私は、カメラをさげてるマトリョーシカがほしくてたまらない。
ミネストローネは、スモーク風味の強いベーコンを刻んで、大根やかぶ、じゃがいもを賽の目にして、好みでニンジンやトマトを入れて、ブイヨンひとつと薄口醤油大さじ1ぐらいと、ニンニクひとかけを入れて煮込んで、好みで塩を追加するといいです。ニンニクを入れると深ーい丸みのある味になります。そうそ、黒コショーも忘れずに。あとはテキトーに野菜を入れて。
このコラージュは襖2枚分。アンダー気味の連作写真が下の方に貼ってありました。


<< 青い靴      高階 秀爾『日本の現代アートをみる』 >>