2009年 01月 09日

あつあつのタコスやーい!───viva! Mexicoその7

今回ムネンだったなぁ・・と心ノコリなのが、フツーのひとが仕事帰りにいっぱいやるようなところで飲んだり、道端の屋台でタコスを食べたりできなかったこと。

食事も含めてぜーんぶフルセットでくっついたパッケージツアーなので、あれが食いたい、これもおいしそうと、歩きながらいつも横目でチェックするワタクシ、あの店ならマルなのに・・・という欲望をひたすら抑えなくてはならなかったのである。

で、ホテルなりレストランでお食事の定食。スープに、魚か肉のメインで、1枚ぐらいトルティージャ(トウモロコシの粉を薄くのばして焼いたもの)がついて、あとは、コーヒーかティーと、デザート。たいていは、プリンかチョコレートケーキだった。

もう若くはないので、ビールを飲んだら、スープだけでおなかがいっぱいになるくらいだから、夜どこかに食べに行こうなんて気にはとてもならない。で、おおむね、お仕着せの定食なんて、日本でもそうだけど、すごーくおいしいというわけじゃない。もっとも、旅行代理店もチェックしているから、めちゃくちゃまずいわけではないけれどね。ウチワサボテンのサラダとか、カボチャの花のスープとか、ちょっと変わったものも食べることができたし。

そんなわけで、今回、ああ、おいしかった!と思ったのは、霧のために夜発の飛行機が早朝発に変更になったために、機内食の予定だった夕食が流れて、各自で勝手に食べることになった最終日の夕食。といっても夜9時半を過ぎていたので、空港のレストランも24時間オープンのここともう1か所だけ。

でも、ここで食べたタコスは、さんざ待たされたけれど、熱々でgoodでした。隣はもう1品息子用に頼んだ、ピタパンみたいなパンのサンドイッチ。
c0155474_21572015.jpg

c0155474_21574598.jpg


by sustena | 2009-01-09 21:58 | 食べ物 | Comments(1)
Commented by nuts-co at 2009-01-09 22:32 x
おお、なんておいしそうな!千葉まで香りが漂ってきました。メキシコ料理は大好物でございます。
こんな細部までクリアな写真てどうやったら撮れるんでしょ。・・・って簡単にそんなこと習えるはずないですね。


<< 雪を待つ      森山大道写真展「銀座/DIGI... >>