2008年 12月 10日

ベンチと公園の入口

都営大江戸線・赤羽橋駅のベンチ。
シートは3つデス。なんか冷たそうで、いまひとつ座る気がおきないなぁ。
c0155474_2154888.jpg

しばらく歩いて、公園の入口に、岩のような石膏のオブジェのようなモノが(幅80cmくらい?)でんとあるのが目につく。この写真ではよく見えないけど、「港区立」「三田二」「丁目児」「童遊園」とあって、下に、そのローマ字読みのプレート、やはりヘンテコなところで切ってある。
なんだってこんな読みにくくデザインしてあるのかしら??
c0155474_22161293.jpg

2つともNikonD40X。ガクゼンとしたのは、コンデジでばかり撮っていて、すっかりカンが狂ってしまっていたことです・・。絞るとき、どれをまわすんだっけ?モタモタしてしまった・・・。

by sustena | 2008-12-10 22:16 | まち散歩 | Comments(5)
Commented by nuts-co at 2008-12-10 23:00 x
わけのわからないものって、ずいぶんあるもんですね。うちの母親だったら、赤羽駅のベンチ、ぜったいベンチと気づきもしないだろうと思います。なんか、お尻が冷え冷えになりそうだものね。公園の玉も意味不明。球の丸みからはみ出たプレートの角が痛そうで、やだ。とがった若者ががんばって作ったのかなあ。
Commented by sustena at 2008-12-10 23:10
テプラとかの名前を打ち出すテープで、いろんなものに自分の名前をはっていた人っていたでしょ?あんな感じで、公園だぞ、と主張しているのではないかしらん。
Commented by jmiin at 2008-12-11 05:48
いやぁ。
都会はいろんなモノがありますねぇ^^;
このベンチなんて絶対に神戸ではお目にかかれないと思います。しかし
ここには座りたくないなぁ。作った人は、どう思っているのでしょうか?^^;
Commented by esiko1837 at 2008-12-11 19:41
老人はとてもついて行けないセンスです。
巣鴨に行ったらこういうのは・・・無いですよね。
いつかぜひご検証くださいまして教えてください。
気になります。
Commented by sustena at 2008-12-11 23:00
そういえば、誰も座ってませんでした!ベンチとテプラはまったく違うセンスで、テプラみたいなのは巣鴨にもあるのかな? まだ行ったことないんです。いつか検証に出かけてきます。


<< ギャラリー・間「安藤忠雄建築展...      266人のクリエイターによる「... >>