いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 12月 09日

266人のクリエイターによる「大切に使いたい」ビニール傘展 『傘日和』

c0155474_23395477.jpg銀座8丁目のリクルートのクリエーションギャラリーG8と、7丁目のガーディアン・ガーデンで「傘日和」という展覧会をやっている。266人のクリエイターが、ビニール傘に思い思いのデザインを施し、注文数が決定したら実製作にかかり1本2500円で販売するというもので、毎年この時期にやるチャリティー企画。収益金は日本ユニセフ協会に寄付されるとのこと。

知人へのユニークなプレゼントになるので、ここ数年、同じチャリティ企画のエコバッグ、扇子、カップ&ソーサーと、ずっと買っていて、今回も楽しみに出かけた。

最近では1本300円ぐらいで売られているビニール傘だから、素材のチープさをどう扱うかは、けっこうデザインのポイントのような。

第一線で活躍するクリエイターの作品だから、どれもそれなりにおもしろいんだけど、じゃあその傘を持って歩くとなると、うーん・・・というものもいっぱい。(話題づくりにはもってこいだけど)。たとえば、永井一史さんの作品は新聞のコラージュ!

そんななかで、これなら持てるな、と目を引いたものを挙げると

小島良平の真っ赤な傘に、紫色のアンセリウムが描かれた傘。長友啓典のヤンチャなクリ坊主がいっぱいいる傘。マイケル・ジョンソンの海だけの地球儀のようなブルーの地に白い経線が入っているところに、柄の中央部から北極の氷河が涙のように溶けだしている作品。アンジェイ・ドゥジンスキの雨に濡れたワンちゃん、菊竹雪のLoveの文字が一面に描かれ、グレーのドットでグラデーションになって消えていき、その上にピンクや赤い筆記体で単語が書かれている傘。薙野たかひろさんの水色の地に丸い円が反転で抜けていて、薙野さんお得意のロボットのようなキャラクターが顔を出しているものもキュート……書き出すと、とまらなくなる。(どんな感じなのかみたい方は、こちら→8人の作品が載ってます。

結局迷いに迷って私が買ったのが、ひびのこづえさんの傘。傘の骨に平行に、白い蜘蛛の糸がわたされて、ピンクの蜘蛛があちこちにいる。届くのは来年の6月ごろだって。
c0155474_233546100.jpg


by sustena | 2008-12-09 23:40 | Art/Museum | Comments(2)
Commented by esiko1837 at 2008-12-10 20:04
ビニール傘にアートを・・・・とは、ユニークな発想ですね。
この傘を買うひとは実際に雨降りの時にさすのでしょうか?
飾っておく人が多いような気がするのは、私が貧乏症だから?
サステナさんは実用に使っているんですか?
Commented by sustena at 2008-12-10 21:14
これが届くのは来年6月なんです!届いたら、もちろん実際に使います。


<< ベンチと公園の入口      雪だるま2種 >>