いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 12月 08日

秘伝のタレの作り方

Nuts-coさんのリクエストにお応えして、秘伝のタレのレシピです。

(1)ナベにザラメ大さじ3を入れて加熱
(2)ザラメがとけて飴色になったら、酒300ccを加える。
(3)煮立ったら、しょうゆ300ccを入れ、よーくかきまぜる。
(4)さらに、ザラメ1カップを加える(甘いのが好きなら1.2カップぐらい)
(5)ザラメがとけて煮立ってきたら火を弱くして20分煮詰める
(6)たまりしょうゆ*を50cc加え、2~3分煮立てる

*たまりしょうゆの替わりに、私が使うのは作り置きしてあるニンニクしょうゆ。
 しょうゆ6カップに、皮をむいたニンニク3玉と、昆布10cm角、かつお削りぶしパック2袋、みりん2/3カップ(甘味を抑えたいときは、酒とみりん1/3ずつでも)を入れて3か月以上置いたもの。(3か月待てばカンペキだけど、2週間以上経てば大丈夫)。ラーメンのスープをつくるときに加えたり、ステーキにちょこっとかけたりする。容器に合わせて、分量は加減してください。

あっさりめがいい場合はザラメを4分の1カップぐらいにして、みりん200ccぐらいでも可。好みでニンニクのしりおろしやガーリックパウダー、トーガラシを入れてアレンジも可。
焼き鳥にあうのは、やはり唐辛子。このあいだなめたキムチ用の唐辛子は甘みがあったなぁ。
c0155474_13415342.jpg


by sustena | 2008-12-08 13:43 | 食べ物 | Comments(6)
Commented by nuts-co at 2008-12-08 14:04 x
さっそくにありがとう!これじゃ秘伝にならなくなっちゃいますね。
さて、たまりでなく、にんにく醤油の方で作ってみようと思った私は、まず、にんにく醤油を仕込み、3ヶ月待ち、それからようやくタレを作ると。つまりタレが使えるのは、3月半ばということですね。忍耐を要しますね。がんばろう。
Commented by nuts-co at 2008-12-08 16:34 x
追伸;大変恐縮ですが、ことのついでに、にんにく醤油のほうのレシピもお時間のあるときによろしくお願いします。せっかくなら「純正レシピ」でやってみたいので。
Commented by esiko1837 at 2008-12-08 16:48
超忙しい人が、何から何まで手作りでやってたら、寝る時間がありません!!!!!
絶対にサステナさんは睡眠不足だと思います!!!
と声を大にして叫んでも届かないのでしょうね。
でもおいしそうです。
私が大昔教わったタレは、醤油とミリンを同量混ぜて、半分まで煮詰めるという簡単なのでした。
が・・・・家では焼き鳥をというか、焼き鳥はあまり食べないので最近はさっぱりです。
サステナさんは偉いです!!!
Commented by sustena at 2008-12-08 17:02
esiko1837さん、最近はブログの更新が楽しくて、ちょっと睡眠時間が減っているのは事実かも。でも私は地の利に恵まれているので、ギャラリーなんぞ歩いてすぐですから、あちこち行っているようでたいしたことないの。それにタレなどは、じっと待ってさえいれば勝手においしくなってくれるんですよ~。
Commented by sustena at 2008-12-08 21:42
にんにく醤油のレシピ部分修正しました~
Commented by nuts-co at 2008-12-08 21:56 x
仕事が早いですねえ。どうもありがとう。明日、さっそく仕込みます。春がくるのが、よけいに楽しみになったなりました。


<< 竹内敏信写真展『照る日・曇る日...      森山大道写真展『S'』 >>