2008年 12月 08日

森山大道写真展『S'』

c0155474_040936.jpg銀座三愛ドリームセンターの上にあるRING CUBEで森山大道の写真展を見る。
森山といえば、「ブレ・ボケ・アレ」であり、「新宿」である(というか、私がそれしか知らないだけだけど)。アラーキーが湿りけ120%だとすると、森山は20%だなぁ。

で、この写真展は、2008年5月に講談社から出したA3大判の写真集「S’」の中から25点を選んだもの。国立競技場、後楽園ホール、阪神甲子園球場、真駒内アイスアリーナ、大倉山ジャンプ場、富士スピードウエイ、東京競馬場、横浜国際プール、谷川岳など、数々のドラマを生んだスポーツの聖地を撮影。人気がまったくなくがらーんとした競技場だったり、プールの底、白い氷がざらついて見えるアイスアリーナ。

お得意のコントラストの強いモノクロで、どうしてこんなアングルがありなの?トリミングがありなの?と、粒子感いっぱいに世界を切り取ってます。

私が好きだったのは、大倉山の、角度をぐいっと変えて、もう垂直の壁を落っこちるみたいなジャンプ場。ここをすごいスピードで降りて、飛翔するんだ。その緊迫感が迫ってくるみたいなの。

森山大道さんのオフィシャルサイトはこちら→
そうそう、GRブログのGRistでも登場してます。

写真は、アパートだったかの壁。森山風にコントラストを強めてみました。しかーし、アングルがフツーなので、つまらないですね。GRDII
c0155474_0402245.jpg


by sustena | 2008-12-08 00:41 | Art/Museum | Comments(4)
Commented by sa55t at 2008-12-08 02:01
何回か講演を聴いたことがあります。
とてもとてもついて行けない、あっちの方でした。
これはまた、大道ならぬ先鋭なお写真で。
Commented by sustena at 2008-12-08 13:16
個人的なシュミではアラーキーの法が数倍好きです。でもあーあゆー迫力の写真を見ると、モノクロモードにスイッチが入っちゃうんです。
Commented by Cakeater at 2008-12-14 16:03 x
おお、久しぶりの大道の写真展ですね。しばらくまえに、エプサイトで見たことを思い出しました。
これも二昔、荒木さんの日記と写真と大道さんのモノクロームの写真と日記が同じマイナーな(アンダーグラウンドなというべきか)雑誌に連載されていたのも思い出しました。もう四半世紀も前でしたか。
でも雑誌の名前すら忘れてしまっている。(笑い)
Susutenaさんの写真はどちらかというと荒木風モノクロームかな。悪くないですよ。(拍手)
Commented by sustena at 2008-12-16 00:39
Cakeaterさん、お久しぶりです。オペラシティで、アラーキーと森山大道が、二人で新宿を撮ったのを並べて展示してあったことがあって、そのとき、二人の写真の湿度のチガイを痛感しました。同じところを撮っても、同じカメラでも、その人の個性が出てしまうのって、当たり前なんだけど、なるほどなーといつも思います。


<< 秘伝のタレの作り方      『未来を写した子どもたち』 >>