いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 11月 23日

友達のところへ・その2

nuts-coさんは、花や木々と友ダチなのである。いろんな名前を教えてくれるんだけど、私はほんのちょっとも覚えられない。
やっと覚えたのがこの合歓の花。知ってる名前だから、覚えていることができただけだ。私はとことん、自然に対する感性がないのだ(T_T) 
c0155474_23355842.jpg

nuts-coさんちでおいしいものをたくさんご馳走になったけれど、しみじみ滋味あふれておいしかったのがこの銀杏。
c0155474_23372384.jpg

みずみずしい色でしょ。早く食べたくて慌ててるからブレブレしてるけど、ほんのり甘くて、キュッと栄養が詰まっている、むきたての味。銀杏はかたい殻をかぶってるからすぐ安心して、引き出しに入れっぱなしにしてシワシワにしてしまうけど、あるいは、缶詰のひよわなふやけた味しか知らない人が多いけど、新鮮な銀杏はつやつや薫り高くて、一粒ごとに寿命がのびそうな滋養たっぷりの味がする。ごちそうさまm(_ _)m

by sustena | 2008-11-23 23:40 | まち散歩 | Comments(5)
Commented by esiko1837 at 2008-11-24 05:59
合歓の花ってこんなに綺麗だっけ?というくらい綺麗に撮れていますね。
何の花か最初わかりませんでした。
Commented by nuts-co at 2008-11-24 07:28 x
前夜、「明日だなあ」と思いながら、パシンパシンとギンナンの殻を割って下ごしらえをするのは、そりゃあ楽しいことでしたよ。
Commented by sustena at 2008-11-24 22:31
合歓は知っていたけれど、花は見たことがなかった。夕方で、暗いかなぁと思いながら近寄って撮ったら不思議な感じに。
ところで、私は銀杏は、トンカチでガツンとやって、皮のついたまま、フライパンに入れて落とし鍋のフタで押さえながらくるくる転がして皮を取ります。みんなどうやるのかなぁ。
Commented by nuts-co at 2008-11-24 23:01 x
トンカチガツン方式は勢い余って実がぶちょって壊れて、悲しい思いをすることがおおいよねえ。この頃私は割った後の実を軽く茹でてしまいます。ほんとは生のままフライパンで転がすほうがいいような気がするけど。合歓の花、まっ白いのもとっても綺麗でしたよ。
Commented by sustena at 2008-11-24 23:10
私、昔はペンチでギュッとしてたんです。そのときは、うっかり銀杏をつぶしてしまうことが多かったので、トンカチ方式に。でも、ガツンではだめね。コツンにしなきゃ。この方式で注意すべきは指を叩かないようにすることです。私はソコツ者なのです。


<< 友だちのところへ・その3  跨線橋      友だちのところへ・その1 >>