いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 11月 13日

日比谷公園、朝。

ちょっと早めに家を出て、ひと駅前の霞が関で降りて、日比谷公園を通って銀座へ。
もともとGRDIIを買ったばかりのときは、毎朝ここを通ればメタボ対策になる!と思ったのだが、根が怠慢なものだから、ほんの数回通ったきりで、銀座下車に戻ってしまった。

白状しちゃうと、大自然も公園も、どう撮っていいかまるでわからない。いつも散歩している近くの公園でさえ、自分で何を撮りたいのだかサッパリわからず、ことにズームもできるカメラだと、いったいどこをどう切り取っていいのやらでボーゼンとしてしまうことばかり。かろうじて、花のアップなら、きれいだ、と思ったのを、どこをきれいだと感じたか、それを表現しようとちっとは工夫してみるんだけど、より大きいサイズになると何をよりどころにすればいいのか、見当がつかないのである。
たぶん、自然や植物などとのつきあいの薄さのせいなんじゃないかなぁ。

カメラをぶら下げても、なんとなく所在ない。これだから、日比谷公園経由が長続きしなかったのだ、などと言い訳。

あっ、前方に、バラが朝日でキラキラしている。ちょっと遠すぎるかなぁ・・・ぱちり。
c0155474_22355440.jpg

公園を出て、内幸町のダイビルの彫刻を都会の動物園シリーズのひとつとするためにぱちり。
c0155474_2238725.jpg


あと2週間ぐらいかな。銀杏が色づくころに、もう一度来てみよう。

by sustena | 2008-11-13 22:39 | まち散歩 | Comments(3)
Commented by jmiin at 2008-11-14 05:45
1.撮って、撮って、撮りまくる!
2.カメラを持参して、一切撮らないで帰る。

どっちかでリハビリする、と言う手があると思います.......^^;
Commented by nuts-co at 2008-11-14 12:51 x
聞いてみないと分からないものですね。写真だけを見ると、もうほんとうに素敵、と思うんだけど。バラが光る写真、好きです。下の動物、これ、怖いねえ。ガーゴイルとして、水が出てくるのかしら。うちの娘が小さかったころなら、これ見て泣いてますね。
Commented by sustena at 2008-11-14 22:08
リハビリというか、処方箋をありがとうございます。選択肢がいっぱいあると迷うので、24ミリ限定で迫ることにしてみます~。nuts-coさん、ダイビルには、こんなガーゴイルがいっぱいいるの。反対側にはズラリ並んでいて、口から水を出しているし、ビルの壁面にもいっぱい。ここもうまく撮れない場所のひとつ。


<< 窓のあかり      秩父の石仏と紅葉ハンティング >>