いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 11月 02日

旧東海道ウォーク

昨日の散歩コースは、品川駅-原美術館-北品川-京浜急行に乗り青物横町駅で下車、旧東海道を歩き、最後に「しながわ翁」で蕎麦という、ほとんど蕎麦を食べたい一心で設定したコース。

それがなかなかよかった!
原美術館を出て、御殿山の街並みを散策後、旧東海道を青物横丁から北品川まで歩くわけだが、おしゃれな住宅街から庶民のまちへの落差がおもしろい。
旧東海道ぞいに、あちこちから寄贈してもらった、街道松がヒョロヒョロなのもなんだかほほえましい。
おっ、ここに猛犬注意の看板があるぞ。格子戸越しに、やさしそうな猛犬が、グテッと寝ているけれど、私が近寄ってジーッと張り紙を撮っていても、悠然と寝ている。
c0155474_233282.jpg

途中で閻魔堂にお参りしたりしながら、ずんずん歩く。スローな、しっとり落ち着いた街並みかと思うとさにあらず。こんな感じで、にぎやかといいましょうか、ゴタゴタしてるといいましょうか。
c0155474_2343771.jpg

下手くそな写真をのっけても仕方がないので、イッキに「しながわ翁」に入ってしまおう。

ここの店主は、明治大学の経営学部を1994年に卒業して就職。蕎麦屋になることを決意し、4年後に会社をやめてしまう。99年3月に長坂・翁の高橋邦弘氏(今は広島に移住、そば打ち名人中の名人)のところに弟子入り。2000年12月にこの地に開店したという。

酒の選び方が師匠どおり。つまみの「わさびの醤油漬」も師匠直伝。蕎麦も師匠の教えに従い、色が美しく、茹で加減がぴたり、ダシも蕎麦の味を殺すことがない。

普通のもり蕎麦を頼んだあと、追加で田舎蕎麦を注文したのだが、これが、蕎麦の味がじわ~んとしみて、滋味ゆたかな味。おいしかったなぁ。

あわてて証拠写真を撮ろうとして、割り箸がクロスして、ああ、みっともない写真!
c0155474_23143917.jpg


by sustena | 2008-11-02 23:14 | まち散歩 | Comments(2)
Commented by nuts-co at 2008-11-03 09:29 x
このコース、そのままいただこうかな。蕎麦、おいしそ!
Commented by sustena at 2008-11-03 10:37
品川から原美術館でぐるっとまわると、ざっと3時間コースですね。蕎麦屋でどれくらい粘るかによって違うけれど。蕎麦の種類はあまり多くなく、天ぷらがない。お酒は四季桜、上喜元、菊姫、春霞でした。


<< 紅葉手前      原美術館「米田知子展-終わりは... >>