いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 11月 14日

表に出ろいっ!

c0155474_15242103.jpg1週間ぐらい前、東京芸術劇場で野田秀樹作。演出の「表に出ろいっ!」英語版を観た。(英語版のタイトルは『One Green Bottle』)

これはもともと2010年9月にNODA MAP番外公演として、十八代目中村勘三郎と野田秀樹が夫婦、黒木華と太田緑ロランスがダブルキャストで娘を演じ、それぞれの丁々発止のやりとりが話題を呼んだ作品だが、今回ロンドンでのワークショップを経て、新しい英語作品となったもの。世界初演であります。

母親役は前回に引き続いて野田秀樹。父親役がこれまでも野田作品に出て活躍しているキャサリン・ハンター、娘がグリン・プリチャード。そして田中傳左衛門が鼓を打つ。

ストーリーはというと・・・
能楽家の父と母、娘はそれぞれが外出しなくてはならない理由があった。しかし、飼い犬が出産間近で、誰かが面倒をみてやらなければならない。それぞれが嘘をついたりあの手この手で他の二人を出し抜いて外出しようとする。しかしそれぞれが激高して、のっぴきならないはめに・・・

なんだか『THE BEE』に似ている。可笑しいんだけど、次第にグロテスク度を増していく・・

英語なんてわからないぞ、という人も心配ない。希望者全員に日本語同時吹替イヤホンガイドが配られる。大竹しのぶが父を、阿部サダヲが娘、野田秀樹が母役なんだけど、残念なことにイヤホンガイドを聞いてると、生の英語が聞こえない。かなりわかりやすい英語だし、ないほうが舞台に集中できる。少なくともボリュームは下げたほうがいいよ。

娘役は渋谷を歩いているゴスロリの女の子みたい。野田はどうしてこんなにおばさん役がうまいんだろう。こんなおばさんはいるわけないんだけど、エキセントリックなおばさんイメージが純化しちゃってる。キャサリンハンターの変幻自在なこと! スピード感があって傑作!

ちなみに、英語タイトルは、Ten green bottlesという童謡から。

Ten green bottles
Hanging on the wall
Ten green bottles
Hanging on the wall
And if one green bottle
Should accidentally fall
There'll be nine green bottles
Hanging on the wall

これが1本ずつ減っていき

One green bottle
Hanging on the wall
One green bottle
Hanging on the wall
If that one green bottle
Should accidentally fall
There'll be no green bottles
Hanging on the wall

なくなっちゃうという歌詞なのだ。こわいよねー

作・演出:野田秀樹
英語翻案:ウィル・シャープ
美術:堀尾幸男
照明:クリストフ・ワーグナー
衣裳:ひびのこづえ
作調:田中傳左衛門
サウンドデザイン:原摩利彦
音響:藤本純子
ヘアメイク:赤松絵利
バック・トランスレーション:常田景子 ピーター・マーシュ
演出助手:ラガ・ダール・ヨハンセン
プロダクション・マネージャー:ニック・ファーガソン
c0155474_15224014.jpg
c0155474_15224934.jpg
c0155474_15483914.jpg
c0155474_15485756.jpg
c0155474_15231606.jpg


# by sustena | 2017-11-14 11:42 | Theatre/Cinema | Comments(2)
2017年 11月 12日

今度は天空の対決だっ!

本日は私たちも3回の公演。
連続ラジオドラマの実演版で、ラジオ時代から数えるともう92作目。
今回は、チェロ人間スットコバリバリとカザルス、篠原博士の娘マサエはなぜかリンドバーグならぬチロリンバーグとなって登場する。とーぜん舞台は雲の上!

2回目の公演をYouTube にアップしました。
20分ちょっとお時間のある方はこちらをどうぞ
お急ぎの方は写真で舞台を想像してくださいませー

狂言回しのナレーター
c0155474_21564119.jpg
カザルス登場
c0155474_21544749.jpg
愛用のチェロをチューニング
c0155474_21545494.jpg
これから演奏するのは、故郷の民謡の鳥の歌。ふだん言えないピースという言葉も、音楽でなら自由に言える
c0155474_21550615.jpg
そうこうするうちに、マサエちゃんを探している黄金バットが登場。あれあれ、空に誰かがいるぞ
c0155474_21551443.jpg
なんとスピリッツオブゼンプクジ号に乗って善福寺上空にやってきたチロリンバーグ
c0155474_21554379.jpg
ここで、カラスがくわえてきたロープがバットのからだに巻き付き、3人は空の上へー
一方、チロリンバーグの乗った飛行機も墜落してしまう。雲の上で出会ったバット一行とチロリンバーグが、からだに巻き付いていた縄を引っ張るとナゾー城が登場。
すべてナゾーの悪だくみだった
c0155474_21555230.jpg
魔法にかけられ、苦しむバットたち。芸まで出す羽目に・・・
c0155474_21560098.jpg
ナゾーの音楽好きに気づいたカザルスが「鳥の歌」を演奏するとナゾーは退散し、フェニックスがあらわれる
c0155474_21560743.jpg
平和が戻りめでたしめでたし
c0155474_21561588.jpg


# by sustena | 2017-11-12 22:05 | つれづれ | Comments(0)
2017年 11月 12日

本日はパフォーマンスデー

公園を舞台にしたアートイベント、本日はパフォーマンスデーで、仲間との活劇?のほか、オンドス+キャラバンぜんぷくの多彩な演しものがあった。

黄金バットに客演いただいた鈴木秀城さんのパントマイム「山あり亀あり」。なんと本物の亀が登場した。
人形劇おいっちには「三匹の子豚」。オオカミがわらの家を飛ばすとき、キティ台風なみの大風なんて意味のことを言ってたけど、子供たちも若い親御さんもわからなかったと思うぞ。このほか、三毛猫の音読屋、五反舎はなたれ組はハンガリーの作家の精神病棟を舞台にした戯曲のリーディング。
最後は、オンドス率いる橋本フサヨさんの指導により、西荻案内音頭ほか2曲を輪になって踊った。

鈴木秀城さん
c0155474_21405291.jpg
c0155474_21413428.jpg
c0155474_21414464.jpg
c0155474_22314655.jpg
c0155474_21411385.jpg
c0155474_21421868.jpg
人形劇おいっちに
c0155474_21425248.jpg
三毛猫の音読屋
c0155474_21433698.jpg
c0155474_21435250.jpg
五反舎はなたれ組
c0155474_21440663.jpg
c0155474_21442092.jpg
オンドス
c0155474_21443967.jpg
c0155474_21454272.jpg
c0155474_21455219.jpg
c0155474_21460209.jpg



# by sustena | 2017-11-12 21:48 | つれづれ | Comments(0)
2017年 11月 12日

カラスがいっぱい

けさ、公園の下池を散歩しているとやけにカラスがうるさい。
ふと見上げると、なんとまぁ、20羽近くが高い木の近くに!!

カラスの騒ぎに驚いてか、アオサギも舞っていた。ちょっとブキミな風景だった。
c0155474_00210156.jpg
c0155474_00211331.jpg
c0155474_00212248.jpg
c0155474_00212909.jpg
c0155474_00213859.jpg
帰り道、上池でカワセミを発見
c0155474_00214432.jpg


# by sustena | 2017-11-12 00:23 | 小さな自然 | Comments(4)
2017年 11月 11日

カンムリカイツブリやーい!

カンムリカイツブリが飛来しているという。
その噂を聞いて朝の散歩のときに探していたら、なんとまぁ、カワウをちょっと小さくして白くしたような鳥なのだった。首が長ーい、
ヒトを警戒しているのか、池の真ん中あたりでのんびりしている。
なので、私の換算200mmレンズではとてもとても・・・。
双眼鏡で観察していたら、足がとてもフシギ。まるでプロペラみたいなんだよ。

発情期になると、頭のてっぺんがカンムリみたいになるらいいんだけど、もっか一羽のみ。
ここが棲みよいとわかって、仲間を呼び寄せてくれないかな・・・
c0155474_23440131.jpg
初めて発見したときは、ホシハジロと一緒にいた
c0155474_23440897.jpg
c0155474_23441529.jpg
c0155474_23442267.jpg
こちらはフツーのカイツブリ。現在5羽ぐらいいる
c0155474_23443059.jpg
水にはけっこう長いこともぐってる




# by sustena | 2017-11-11 23:46 | 小さな自然 | Comments(2)
2017年 11月 11日

遊歩音楽会

本日は例のアート展で、「池の畔の遊歩音楽会」があった。今年で8回目で、辻康介さんがイタリア留学中で、歌のない新しいバージョンとなった。

青山学院大学総合文化政策学部でサウンドスケープをテーマに研究をしている鳥越けい子先生とゼミ生、チャンゴと踊りのチェ・ジェチョルさん、100年後の祭りを提唱する語りとパフォーマンスのトチアキタイヨウさん、それに小菅村の創作神楽に取り組む「珊月花」の3人、フラダンスの「ののりこ」さんが加わって、水の恵みやかつていたかもしれないカッパを思い、音を全身で感じながら上池を1周。ところどころでパフォーマンスがあったのだが、通りすがりの人からは、あれはいったい何の団体かしら・・と半分不信のマナザシが・・・

最初は、2-3人で1グループになって、ゼミ生が持つ竹と一緒に、音をたてないように落ち葉の積もった森の中を歩いたり、後ろ向きに歩いたり、目隠しor目をつむって歩いた。
ゼミ生と水に感謝する踊りと、太陽に感謝するフラを踊るののりこさん。
c0155474_23250819.jpg
弁天さまのところでは珊月花による創作神楽。
c0155474_23251761.jpg
c0155474_23252668.jpg
c0155474_23253347.jpg
チェ・ジョチョルさんのチャンゴと踊りにはいつも吸い寄せられてしまう。
c0155474_23254281.jpg
c0155474_23255650.jpg
c0155474_23260496.jpg
c0155474_23261366.jpg
c0155474_23262280.jpg
ホースを回す音を聞きながら池を回る
c0155474_23263100.jpg
c0155474_23264062.jpg
竹をゴム草履でたたくとなかなかいい音が・・・
c0155474_23264926.jpg
トチアキさんのパフォーマンス。学生たちはカワウソとカッパについての詩を朗読している
c0155474_23271250.jpg
c0155474_23270153.jpg
c0155474_23272044.jpg
c0155474_23273528.jpg




# by sustena | 2017-11-11 23:35 | つれづれ | Comments(2)
2017年 11月 06日

アート展始まる

近くの公園で、私も事務局の一員として活動しているアートイベントがスタートした。
事務局のスタッフが少ないなか、よくやっているなーと自賛。
このほか仲間と、恒例の黄金バットの芝居(今回でなんと92作!)を上演し、日曜と祝日にはカフェを出しているのだからまぁ・・・
c0155474_22311269.jpg
c0155474_22312935.jpg
c0155474_22314164.jpg
c0155474_22315540.jpg
c0155474_22321388.jpg
c0155474_22324073.jpg



# by sustena | 2017-11-06 22:33 | つれづれ | Comments(6)
2017年 11月 02日

二回目の「ワンピース」

新橋演舞場でスーパー歌舞伎II [ワンピース」を観た。
2年前に初演されたこの舞台、プロジェクションマッピングや映像を上手に組み合わせ、サーフボードでの宙づりや、水あり吹雪アリ、火とマグマの戦いありと、いかにもスーパー歌舞伎らしい仕掛けが満載で、大いに楽しんだのだが、全国公演を経てさらにバージョンアップした再演というので期待していた。

それが猿之助がカーテンコールで衣装がせりの仕掛けにからまったかで全治半年のケガを負い休演。むむ・・残念と思っていたのだが、代役で主役をはった尾上右近が想像以上にすばらしかった。初々しい青年ぶり、そして女王ハンコックの美しいこと。猿之助のキレとはまた違う全力で体当たりして、猿之助のマネではない、自分なりのルフィに仕上げていたよ(ところどころ前回の猿之助が眼前に浮かんできたっけ)

そして今回もまた、巳之助のボン・クレーのオカマぶり、隼人のイナズマのキザっぷり、そして浅野和之の伝説のオカマのイワンコフに目が釘付け。
今回は春猿にかわり新悟が加わった。平 岳大のエースもなかなか決まっていて、3幕、炎の旗を振り回すシーンのカッコイイこと!
そうそう、右團次の息子の右近のチョッパーが実にかわいい。

リピーターも多いようで、私の隣の席の人は、今回は4日も切符をゲットしたんだって。多くの人がタンバリンを買い込んで、ゆずが歌う主題歌をバックに、クジラが空を飛び、サーフボードに載った右近が宙づりになって大海原を行くシーンは総立ちで、まるでコンサート。でもこんな歌舞伎もあっていい。歌舞伎で鍛えられた身体能力や、お決まりのパターンがあればこそのスーパー歌舞伎ではあります。

座席は前回は2列目中央、今回は3列目の中央席花道寄り。2幕目の水しぶきには、今回もかなり派手に襲われた。クセになりそうだな・・

■2017年 猿之助休演後
ルフィ/ハンコック 尾上 右近 ※
白ひげ 市川 右團次 
ゾロ/ボン・クレー/スクアード 坂東 巳之助
サンジ/イナズマ/マルコ 中村 隼人 ※
ナミ/サンダーソニア/サディちゃん 坂東 新悟 ※
アバロ・ピサロ 市川 寿猿
チョッパー 市川 右近 *
はっちゃん/戦桃丸 市川 弘太郎
ベラドンナ 坂東 竹三郎
ニョン婆 市川 笑三郎
ジンベエ/黒ひげ 市川 猿弥
ニコ・ロビン/マリーゴールド 市川 笑也 
マゼラン 市川 男女蔵
つる 市川 門之助
----------------------------
エース/シャンクス 平 岳大
ブルック/赤犬サカズキ 嘉島 典俊
イワンコフ/センゴク 浅野 和之
 
■2015年秋
ルフィ/ハンコック/シャンクス 市川 猿之助
白ひげ 市川 右近
ゾロ/ボン・クレー/スクアード 坂東 巳之助
サンジ/イナズマ 中村 隼人
ナミ/サンダーソニア 市川 春猿
はっちゃん/戦桃丸 市川 弘太郎
アバロ・ピサロ/ガープ 市川 寿猿
ベラドンナ 坂東 竹三郎
ニョン婆 市川 笑三郎
ジンベエ/黒ひげ(ティーチ) 市川 猿弥
ニコ・ロビン/マリーゴールド 市川 笑也
マゼラン 市川 男女蔵
つる 市川 門之助
ガープ 市川 段四郎(交互出演)
----------------------------
エース 福士 誠治
ブルック/赤犬サカズキ 嘉島 典俊
センゴク/イワンコフ/レイリー 浅野 和之

c0155474_10574436.jpg


# by sustena | 2017-11-02 17:45 | Theatre/Cinema | Comments(2)
2017年 11月 02日

毎日出会うカワセミ

生活にリズムを持たせるために、NHKの朝ドラを見てから公園に散歩に行く。途中でてきとーな場所でラジオ体操をして上池と下池を1周して戻ってくるのだが、最近毎日カワセミに出会う。上池の場合もあれば、下池の場合もあり、発見する場所もお気に入りのところはあるはずだけど、まちまちだ。上池で出会うのと、下池で出会うのと、同じ個体なのかどうかはわからない。オスとメスの2羽がいるのは確実なんだけど(きょうはこぶしに2羽とまっているのを見た)

こちらは下池で。ヨシのところか杭の上、桜の木の枝によくとまっている。たまには睡蓮の近くの杭にも。
c0155474_10564148.jpg
c0155474_10565328.jpg
c0155474_10570183.jpg
上池ではボート乗り場、かつて睡蓮がさいていた池の中央の杭、コブシや柳の木の周辺、弁天さまのある島の周辺。コブシの木は比較的近くなんだけど、換算200mmのレンズでは証拠写真にしかならない。でも、見つけるとうれしくなって撮ってしまう。
c0155474_10570966.jpg
c0155474_10571753.jpg
c0155474_10572618.jpg
c0155474_10573571.jpg
ボート乗り場の近くの木の枝にエナガもいた。ちょこちょこ動き回って落ち着きがないよー。
c0155474_10580471.jpg
サザンカがきれいに咲いていた。
c0155474_10575561.jpg





# by sustena | 2017-11-02 11:05 | 小さな自然 | Comments(4)