いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 06月 27日

アラーキーの二つの写真展

昨日、アラーキーの二つの写真展を観た。

ひとつは、銀座のシャネル・ネクサス・ホールで開催中の「東京墓情 荒木経惟×ギメ東洋美術館 Teombeau Tokyo」。もうひとつは、新宿のエプサイトで「花遊園」。
c0155474_15244597.jpg
c0155474_15251973.jpg
昨年、フランスの国立ギメ東洋美術館で、アラーキーの大規模な個展「ARAKI」が開催され、シャネルもスポンサードしたとのことだが、銀座の「東京墓情」は、このギメでの写真展の最後のパートを飾ったTeombeau Tokyoと、ギメ東洋美術館所蔵の幕末~明治期の写真から、アラーキー自身がセレクトした花や、武士、入れ墨、街の風景などの作品に、撮り下ろしを加えて構成したもの。

Teombeau Tokyoの写真は、アラーキーのベランダで撮った人形や怪獣のフィギュア、空、花、ヌード写真や、村上春樹のポートレート、墓場、チロちゃんや陽子さん・・・古写真と、アラーキーの写真が二重写しになる、うん、写真家の半生と日本の文化的な古層とがシンクロする不思議な感覚。死の香りが色濃くただよってくるんだけど、決して重々しくはなく、ちょっと引いた茶目っ気も漂うのだ。

エプサイトの写真は、銀座でも展示されていた花にフィギュアを配置して撮った写真を、和紙に印刷したもの。この世界観、簡単に撮れそうでアラーキー以外には撮れないよねえ。生と死が画面に横溢した、あでやかで静謐な写真。平成の浮世水墨写真かなー。、

そうそ、シャネルネクサスホールには、ギメでの写真展のカタログもある。時間があったら、ぜひその写真集を手に取るといい。
c0155474_15245751.jpg
c0155474_15250564.jpg
右側のひとのバッグとスカート の色合いがとてもすてき。


# by sustena | 2017-06-27 15:27 | Art/Museum | Comments(2)
2017年 06月 26日

ライブ「日本語のおけいこ」 

昨日の夕方、渋谷の公園通りクラシックス(かつて渋谷ジァン・ジァンのあったところ)で、谷川賢作さん(谷川俊太郎のご子息)プロデュースによる「日本語のおけいこ」というライブがあった。
c0155474_12160818.jpg
c0155474_12174556.png
1965年に理論社から発刊された、谷川俊太郎の詩に、名だたる作曲家が曲をつくったもので全27曲。これを、辻康介さんの歌と、谷川賢作さんのピアノ、上原なな江さんのパーカッション、そして、鈴木広志さんがサックスを奏でる。
辻さんが谷川さんの詩を歌ったものは、以前ちょっとだけ聞いたことがあって、勇んで出かけた。

谷川さんが司会進行。大詩人を親に持つというのはアンビバレントな気持ちがするんじゃないかなーと思うけれど、世間が感じている大詩人と、ナマの存在を身近に感じてきたズレについても、トークに顏を出して、冒頭、谷川俊太郎の「がっこう」という詩を朗読してくださって、欧米でこの自作を朗読したときと、日本での違いなどを父親が語った話など、興味深かったな。
             
ちなみに、こんな詩です。

      がっこうがもえている
      きょうしつのまどから
      どすぐろいけむりがふきだしている
      つくえがもえている
      こくばんがもえている
      ぼくのかいたえがもえている
      おんがくしつでぴあのがばくはつした
      たいくかんのゆかがはねあがった
      こうていのてつぼうがくにゃりとまがった
      せんせいはだれもいない
      せいとはみんなゆめをみている
      おれんじいろのほのおのしたが
      うれしそうにがっこうじゅうをなめまわす
      がっこうはおおごえでさけびながら
      がっこうがもえている
      からだをよじりゆっくりたおれていく
      ひのこがそらにまいあがる
      くやしいか がっこうよ くやしいか
      

炎がうれしそうに学校をなめ回し、学校は大声で叫んでそして倒れていく。。


さて「日本語のおけいこ」に収録されている詩は以下の通り。カッコ内は作曲家。武満徹がいないのはメチャ忙しかったのと、子供にあまり興味がなかったとかなんとか。

     日本語のおけいこ(寺島尚彦)
     月火水木金土日のうた(服部公一)
     一二三……(小林秀雄)
     ぎらぎらとひょろひょろとちかちか(服部公一)
     かもしれないのうた(寺島尚彦)
     うそだうそだうそなんだ(寺島尚彦)
     ひとくいどじんのサムサム(林光)
     ひみつ(寺島尚彦)
     まね(林光)
     へのへのもへじ(いずみ・たく)
     何故だかしらない(芥川也寸志)
     ラムとカム(磯部俶)
     黒いこいぬ(寺島尚彦)
     とんびのピーヒョロロ(寺島尚彦)
     それからどうした(磯部俶)
     いつも誰かが(真鍋理一郎)
     こもりうた(林光)
     かわいそうなオバケたち(服部公一)
     チビのハクボク(湯浅譲二)
     もしぼくが(服部公一)
     けんかならこい(服部公一)
     宇宙船ペペペペランと弱虫ロン(湯浅譲二)
     二冊の本(湯浅譲二)
     冬の思い出(湯浅譲二)
     いない?(磯部俶)
     川(湯浅譲二)
     おうさまはしんだ(林光 )


これを順に歌っていく。いろんなタイプの詩がある。いろんなタイプの詩があって、数えうたのようなものやシュールなもの、物語ふうのもの、こどものことの気持ちを思い出しちゃうもの・・・

辻さんの歌声は、日本語がすーっと頭にしみわたる感じ。
上原さんのパーカッションが、情景をさらにひきたててくれたし、鈴木広志さんの出番は少なかったけれど、いやぁ、なんとまぁ自在な音!!

すてきな時間だった。

アンコールは、この日のライブに来てくれたお子さんのリクエストから、「かもしれないの歌」。
写真OKとのことだったので、ぱちり。私の席からは谷川さんがちょうど陰になってしまい、辻さんがちょっと動いたところを撮ったけどなんだかなーの写真になっちゃった・・・
c0155474_12161530.jpg
c0155474_12162419.jpg


# by sustena | 2017-06-26 12:20 | Art/Museum | Comments(6)
2017年 06月 23日

銀座1丁目の端っこ

銀座1丁目にある森岡書店銀座店で、大竹昭子さんの『間取りと妄想』のイラストを担当した、たけなみゆうこさんのイラストと、間取りの立体模型が展示されているというので出かけた。
たけなみさんのイラストは、ウィットがあって、明るい迷宮じみてて、すてき。この辺りはほとんど歩いたことがなかったので興味深い。うっかり会社にGRを置いてきてしまったので、iPadでパチリ。
c0155474_21145781.jpg
c0155474_21293685.jpg
c0155474_21143534.jpg
c0155474_21141452.jpg


# by sustena | 2017-06-23 21:20 | まち散歩 | Comments(4)
2017年 06月 20日

パスタ・パスタ・パスタ!

イタリアといえばパスタの国であります。

とにかく種類が多い。太さだけでも、日本のそうめん、冷や麦、きしめん・・みたいに、スパゲティにタリアテッレ(フェットチーネ)、リングイーネ、ラザーニェ、いろんな形や長さのショートパスタがあって、小さな帽子という名前のカッペッレッティや、ニョッキにラヴィオリ・・・
三回の食事のうち2回はパスタを頼み、もちろん、主菜の前にいただくので、あまり食べるとくちくなるし・・・・

というわけで、食べたパスタをどどっと紹介。

ペスカトーレのスパゲティ(モンテロッサ)
c0155474_15320282.jpg
ムール貝のニョッキ
c0155474_15321199.jpg
これはなんだったかなー
c0155474_15322297.jpg
麺の名前は忘れたけど、ピエンツァで食べたアラビアータ・太くてコシがある麺だった。
c0155474_15323056.jpg
きしめんみたいな生パスタ。フィレンツェで。
c0155474_15324154.jpg
フィレンツェの市場2階でゆでたての生パスタを。バジルソース。
c0155474_15325186.jpg
フィレンツェでカラスミ入り。
c0155474_15330149.jpg
アッシジだけど、中身は忘れちゃったなー。たしかトリュフ入り。
c0155474_15331074.jpg
ベネチアでイカスミのスパゲティ
c0155474_15332084.jpg
ヴェローナで。きしめんの2.5倍の太さ!
c0155474_15332717.jpg
シンプルなボンゴレ。ミラノで
c0155474_15333551.jpg
マルペンサ空港で
c0155474_15334583.jpg







# by sustena | 2017-06-20 15:55 | | Comments(1)
2017年 06月 19日

16日間のイタリア

今回のイタリアは、足掛け16日、正味2週間の旅行で、カタール航空で往復6万9000円と、予想より安くチケットをゲットできたので、ちょっと贅沢をしてスカラ座でオペラとコンサート、あとは、大都市と中・小都市、田舎と都会を適宜おりまぜ、古典と現代絵画もブレンドし、あきないようにプランニング・・・といってもホテルと電車の時間を調べた程度ではあったんだけど、終わってみればアッという間で、戻ってから翌日は会議、火曜・水曜と北海道に出張で、1週間たってようよう、ひとごごちがついた感じ。

日程はこんな感じ。

1日目
成田を深夜出発
■機内泊

2日目
昼ミラノ着 
ドゥオモ、ガッレリア、サン・サティロ教会など見学 
■ミラノ泊

3日目
ブレラ美術館、プラダ財団、夜スカラ座でオペラ 
■ミラノ泊

4日目
電車でチンクエテッレへ。遊覧船でヴェルナッツァなど
■モンテロッソ泊

5日目
遊覧船でポルトヴェネーレへ 
■ポルトヴェネーレ泊

6日目
電車でフィレンツェへ。ドゥオモ、、ジョットの鐘楼など見学 
■フィレンツェ泊

7日目
オルチャ渓谷ツアー 小さな村を回る
戻ってからポンテヴェッキオなど 
■フィレンツェ泊

8日目
市場、 サンマルコ美術館、メディチ家礼拝堂、ウフィツィ美術館など 
■フィレンツェ泊

9日目電車でアッシジへ、サン・フランチェスコ大聖堂、サン・ダミアーノ修道院、サンタ・キアラ聖堂など見学
■アッシジ泊

10日目
鉄道を乗り継ぎベネチアへ、ベネチアビエンナーレ、リアルト橋付近をそぞろ歩き
■ベネチア泊

11日目
ベネチア市内見学。サンマルコ広場、ドゥカーレ宮殿、プンタ・デラ・ドガーナ、サンタ・マリア・グロリオーサ・ディ・フラーリ教会など
■ベネチア泊

12日目
電車でヴェローナへ。円形競技場跡、ジュリエッタの家、エルベ広場、スカリジェロ橋など見学
■ヴェローナ泊

13日目ミラノへ。最後の晩餐、トリエンナーレ現代美術館、スフォルツェスコ城
■ミラノ泊

14日目
ミラノ郊外のクレスピダッダへ。アンブロジアーナ図書館・美術館、夜スカラ座でコンサート
■ミラノ泊

15日目
ワグネル市場ほか買い物。飛行場へ。16:50ミラノ発
■機内泊

16日目
夜成田到着

c0155474_12351990.jpg
まだ写真をちゃんと見ていないので、おいおい報告しますー



# by sustena | 2017-06-19 12:44 | | Comments(2)
2017年 06月 15日

うに丼

北海道に1泊2日で取材に行ってきた。

時計遺伝子はiPS細胞では文化分化するまでは見られないんだってー。
からだのほとんどすべての細胞に時計遺伝子はあるけど、生殖細胞だけにはないんだって。
時計細胞の中枢は視交叉上核にあって、他の細胞の視交叉上核と入れ替えると、概日リズムが他の動物のリズムになるんだってー

ムズカシイ取材のあとはおいしいもの。というわけで、うに丼に大満足だったのでした。

c0155474_13504130.jpg


# by sustena | 2017-06-15 13:50 | 食べ物 | Comments(6)
2017年 06月 12日

ソール・ライター展

c0155474_15184001.jpg
イタリアに行く前、Bunkamuraので見た「ソウル・ライター展」もめちゃよかった。独特のアングルと、カラーにうっとりしちゃった。

カラーといえば、ウィリアム・エグルストンの写真にも「おおおっ」と思ったけど、ライターの雪の中の赤い傘や、信号の光、壁のペンキの鮮烈さったらない。

ファッション写真も、アヴェドンのそれが、キメキメのスタイリッシュな写真なのに対して、ソウル・ライターの写真は、もちろん演出をしてるんだけど、どうだっていうエグさがないのよねー。

こういう写真を見ていると、真似をしてみたくなっちゃうけど、所詮無理。でも、渋谷駅に向かう途中、久々に写真を撮ったなぁ。

c0155474_23233625.jpg
c0155474_23235851.jpg
c0155474_23241163.jpg
c0155474_23241956.jpg
c0155474_23242946.jpg
c0155474_23243777.jpg
c0155474_23244449.jpg
c0155474_23245244.jpg


# by sustena | 2017-06-12 17:29 | Art/Museum | Comments(4)
2017年 06月 12日

宇井 眞紀子 写真展:アイヌ、100人のいま

銀座にあるキヤノンギャラリーで、宇井眞紀子さんの写真展が開催されていることを知ったのは、成田についてから見たtwitterだった。
今を生きるアイヌ100人のポートレートという。
さっそく昼休みに出向くと、受付に宇井さんがいらした。

1960年千葉県生まれ。武蔵野美術大学在学中に樋口健二さんに出会い、写真の道に。もともとアイヌに興味を持っていた宇井さんが、アイヌの撮影を始めたのは1992年。フリーランサーとして雑誌の仕事をしていたとき、二風谷ダム建設の記事を目にしたのだという。そこで、アイヌ活動家のアシリ・レラさんに会い、以後、


/記事で進むことを決意しました。日本写真芸術専門学校にも学び、現在フリーランスの写真家として活動しています。
25年前、私はアイヌと出会い、「今を生きるアイヌの伴走者でありたい」という思いで写真を撮ってきたのだという。

しかし、一方で宇井さんは、「アイヌを侵略した和人である」というわだかまりを消すことがなかなかできず、撮影するときも、いきなりカメラを向けるのではなく、自分の存在が空気のように気にならなくなるくらい信頼関係を築いて初めて、シャッターを切ったのだという。”和人の束縛”から解き放たれるまで20年の月日が必要だったそうだ。

何度か写真展を重ねる中で、「アイヌってまだいたの」といったアイヌの存在をまったく知らない、または、自然と生きる人といったようなステレオタイプから多くの人が脱していないことに気づく。

そこで、スタートしたのが今回の;プロジェクトだ。日本列島を縦断し、全国で暮らすアイヌの今を「その人が撮りたい場所、撮りたい姿で撮る。そして次に撮る人物も指名してもらうという方法で撮影した100カ所・100組のポートレートが並んでいる。

民族衣装の人もいれば、家族がそろった写真、仕事中のもの・・。

関係性を築いてきた時間の長さ、深さを思った。
一人ひとりの肉声が聞こえてくるような気がしたなぁ。
c0155474_16303907.jpg




# by sustena | 2017-06-12 16:52 | Art/Museum | Comments(2)
2017年 06月 09日

クレスピダッタへ

昨日は、ミラノ郊外にある、労働者の理想郷を作ろうとしたクレスピダッタへ
c0155474_14090053.jpg
c0155474_06213332.jpg
写真は綿の紡績工場で、トイメンに労働者の住宅が並ぶのだが、どれも立派な戸建で庭も広いのだった。
戻った後、アンブロジアーナ図書館でレオナルダヴィンチの手稿を見て、夜はスカラ座でブラームス。アンネ・ゾフィー・ムッターが貫禄なのだった。

今朝はこれから市場へ出かけ、空港に。
あっという間だったなー



# by sustena | 2017-06-09 14:15 | Comments(4)