2016年 08月 15日

「あの時みんな熱かった!アンフォルメルと日本の美術」

c0155474_23412699.jpg京都国立近代美術館に出かけたホントのお目当ては、「あの時みんな熱かった!アンフォルメルと日本の美術」展だった。

「アンフォルメル」というのは、美術評論家ミシェル・タピエが第二次大戦後しばらくの欧米の最新の美術作品群の中から、作者の行為(アクション)の痕跡や鮮烈な色彩、素材そのものの生々しい物質感を強調したアートなどをセレクトして名づけたもので、日本語では「未定形の芸術」、つまり、混沌とした未分化なエネルギーに満ちたアートのこと。(ジョルジュ・マチューやポール・ジェンキンス、フォンタナ、カレル・アぺル、マーク・トビー、サム・フランシス、ジャン・デュビュッフェら)。それが1956(昭和31)年に日本に入り、戦後の気分から高度成長期に突入しようというときにピタッときたんだろうなぁ、洋画や彫刻だけでなく、日本画や陶芸、生け花までもが、熱さにやられたような表現が、日本中を席巻しちゃったのだ。
(当時「アンフォルメル台風」「アンフォルメル・ショック」などとも呼ばれたんだって)

展覧会ではアンフォルメルが当時とその後の日本美術にどんな影響を与えたのか、約100点の作品を以下の5つの章立てて紹介。

第1章 ミシェル・タピエとアンフォルメル
1-2 アンフォルメルと日本
第2章 身体・アクション・線の流動
2-1 書との親和性
2-2 アクションが吸収したもの
第3章 原始・生命・生態的イメージ
第4章 反復・集合・覆われる画面
第5章 マチエール・物質

こんなひとたちの作品です。知らない名前のひとも多いなー。
c0155474_024134.jpg

天井からつり下げられたロープにぶら下がって描いたり、ソロバンや番傘、マッサージ機を使ってオートマチックに描いてみたり、ドリルを使ったり、アクションだけでも実にいろんなバリエーョンがあって、当時はなんとも切実だったのか、エイヤッて気分だったのか、芸術家の作風の変遷を想いながら見ているとなんだかせつないのだった。
c0155474_021631.jpg

コレクョン展ではこの「アンフォルメルと日本の美術」に関連した展示(堂本印象って、四条派から抽象絵画まで、作風の幅がめちゃめちゃ広いんだね)、昨年度収蔵の「ウィーン世紀末のグラフィック」コレクションから、グスタフ・クリムト、エゴン・シーレ、オスカー・ココシュカの素描と版画が並んでいてうれしい♪
c0155474_052712.jpg

このほか、大正時代の絵画、写真ではE・ユージン・スミスの「水俣」シリーズ。いろんなものを持ってるんだなぁ。

お昼は、美術館のレストランで。京湯葉と厚野菜とキムチの冷製生パスタをいただく。わりとマルです。
c0155474_0103370.jpg


# by sustena | 2016-08-15 00:10 | Art/Museum | Trackback | Comments(1)
2016年 08月 14日

七彩に集った作家たち

京都国立近代美術館にマネキンがいっぱいあったのはなぜかというと、ちょうどコレクション・ギャラリーの小企画として、「キュレトリアル・スタディズ11:七彩に集った作家たち」をやっていたからなのだった。

これは、1946年7月京都で設立されたマネキンの会社「有限会社 七彩工芸」(現・株式会社七彩)のマネキンの歴史をたどったもので、同社の社長は彫刻家でもあった向井良吉。東京美術学校彫刻科出身で、彼のもとに多くの美術家が集ったのだという。
そんなアーティストたちは1959年3月に「火の芸術の会」という展覧会を開催。この会で展示された岡本太郎、柳原義達、難波田龍起などの小品や向井の制作したマネキンが展示されていて、あの時代の空気みたいなものが伝わってきた。
c0155474_17415053.jpg
c0155474_17415932.jpg
c0155474_1742926.jpg
c0155474_17421874.jpg
c0155474_17422563.jpg
c0155474_17423436.jpg

1970年には、生身の人間の型を目を見開いたまま、そのままとっちゃう「FCR (Flesh Cast Reproduction) 」という技法によるマネキンが登場。1975年に岡本太郎がモデルになったときの制作の様子の映像が興味深かった。
c0155474_17424180.jpg

チラシ(というより、開くとポスターサイズ)がカッコよかった。
c0155474_239686.jpg
c0155474_2392021.jpg


# by sustena | 2016-08-14 23:27 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 13日

久々のカワセミ

久しぶりに公園を散歩。
羽化途中のセミ。何もこんな不安定なところでやらなくても・・。
c0155474_17281319.jpg

このごろとんと見かけなかったカワモミ。久しぶりにご対面。
c0155474_1731334.jpg

ホールドが甘いのでブレてしまう。 ISOを上げてこんどこそ・・・と構えたところで、飛んで行ってしまった。
c0155474_17295695.jpg

公園で咲いている花は、ミョウガとフヨウとクサギ、サルスベリ、オシロイバナぐらいかな。
c0155474_17304980.jpg


# by sustena | 2016-08-13 17:30 | 小さな自然 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 11日

マネキンがいっぱい─京都国立近代美術館

翌朝、京都国立近代美術館に出かけた。
七彩工芸のマネキンがあちこちに!
c0155474_23174278.jpg
c0155474_23175150.jpg
c0155474_2318043.jpg
c0155474_23181137.jpg
c0155474_23181985.jpg
c0155474_23182823.jpg
c0155474_23183530.jpg

受付にまで・・・・。
c0155474_23184518.jpg
c0155474_231855100.jpg

この展覧会の話はまたこんど。

# by sustena | 2016-08-11 23:19 | Art/Museum | Trackback | Comments(2)
2016年 08月 11日

初めての京都タワー

出張から戻っても、なんだかテンテコマイしていて、ようやくちょっと一息。
遅ればせながら京都の出張の写真をPCに取り込んだ。さてさて、最近関西方面の出張で、9割方ドタキャンがないと思われるケースは、経費節約のために、JR東海ツアーズのパックを利用している。

今回もそれで、なんと、京都タワー展望台がセットになっていたので、取材後にホテルにチェックインしたあとで、のぼってみた。京都タワーは京都に来るたび、外からはいつも見ているけど、のぼったことはなかった。
地上131メートル、世界一高い「無鉄骨建築」なんだって。
こんなゆるキャラもいた。
c0155474_22565131.jpg

平日夕方、外国の旅行者と日本人と半々ぐらいかな?360度ぐるりと見渡せて、気持ちイイ。
c0155474_2258291.jpg

京都駅を見下ろす
c0155474_22584486.jpg

イッキに暗くなっていく。
c0155474_2259116.jpg

夕食は、ここんところ探すのがめんどうくさくて、いつもの接方来にて。
長芋とろろのチーズグラタンが美味。今度家でもつくってみよう。
c0155474_2301531.jpg


# by sustena | 2016-08-11 23:00 | | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 02日

京都なう

出張で京都に来てる。取材が終わりいまホテルにチェックインしたところ。

c0155474_18103847.jpeg

先々週の金曜は名古屋、翌日は地元の小学校のイベント、続いて月曜と火曜は大阪で芝居その他を見て、1日置いて木金は熊本、土日は18時から21時まで盆踊りで、近くの商店会の踊り隊の一員として櫓で踊り、火水と京都で、今週金と土曜は、サイエンス関係のイベント事務局。。。と、ここんとこ、てんてこまい。

そんななか、出張で出かけた熊本でLX100をなくしたと思って、あちこち問い合わせしたけれど届け出がないというので落ち込んでいたら、取材に一緒に出かけたライターが持ってたことがわかり、ホッ。

なんだかなーのsustenaでした。






# by sustena | 2016-08-02 18:11 | | Trackback | Comments(3)
2016年 07月 18日

すやすや

先日、某大学に取材にいったとき、守衛さんの受付のところで寝ていた猫。名前を記入する台の下にいたんだけど、安心しきってるのにびっくり。
c0155474_2262924.jpg

今週は金曜日に名古屋に出張。翌月曜と火曜は大阪(これはプライベート)、木曜と金曜が熊本、次の週の火曜と水曜が京都。なかなか更新できないなー

# by sustena | 2016-07-18 22:09 | つれづれ | Trackback | Comments(4)
2016年 07月 18日

「しりあがり寿の現代美術 回・転・展」が楽しいッ!

c0155474_21175922.jpg忙しいときは、なぜか仕事がさらに重なるものなのである。
もっかレギュラーの広報誌2誌と、生命科学系のweb編集に加え、8月上旬に実施するイベント準備のほか、記念誌が2冊と、8月末納品予定だったweb を突然今月中に納品しなければならなくてって、かつ、プレゼンテーションが2つほど。
この3連休も一日はある賞の授賞式の取材と撮影でつぶれ、残る2日も、秋のアートイベントのリリース作成と、今週の仕事の一部を家でしこしこ進めていたのだった。

でもっ、気分転換がしたいぞー!!というわけで、練馬美術館で開催中の「しりあがり寿の現代美術 回・転・展」を見てきた。特設サイトはこちら→http://www.saruhage.com/kaiten/

しりあがり寿は、朝日新聞に連載中の「地球防衛家のヒトビト」や「弥次喜多 in DEEP」など批評精神に満ちた、ときにシュールなギャグ漫画で知られる。今回は、彼の初期のマンガの原画をはじめ墨絵インスタレーションを紹介した第一章、ヤカンやあらゆるものを回しちゃおうという第2章で構成されている。

漫画原作では「弥次喜多 in DEEP」の原画の美しいことにウットリ、「御前しりとり合戦」には笑ったし、「流星課長」「真 ヒゲのOL藪内笹子」の2冊は、この絵を見たあと、読みたくなって図書館で予約してしまった。

これは、しりあがり寿が各地で行なってきた部屋全面に和紙を貼った墨絵インスタレーションのうち、2015年の『崩』の一部。
c0155474_213129100.jpg


ゆるめーしょん(=ゆるいアニメーション)も楽しかったなぁ。文化庁メディア芸術祭で審査員会推薦作品に選出された》Voyage de Hokusai (北斎の旅)》(エリック・サティの「ジュ・トゥ・ヴー」のメロディにのって北斎が踊るロトスコープのアニメ)に登場するいろんなアイデアのモトはこれだったのか、とナットク。そのゆるさがなんともいえないのだけれど、家族の会話を4枚の動くセリフで表現したものなど、ああー言えてるーと思ったな。
これは、ゆるめーしょんのうち、《黄色いドア》。
c0155474_2142384.jpg

でも圧巻は回転作品のコーナーですね。
最初に置かれているのが、《回るヤカン》
c0155474_21445320.jpg

c0155474_2145971.jpg

電光掲示板には、ヤカンがとまっているときには、「このヤカンは回転している間だけ芸術になります」という文章が流れ、ヤカンが回り出すと赤い「芸術」の文字が点滅する。

単にヤカンで回ってるだけなんですけどー。でもマルセル・デュシャンの「泉」だって単なる便器ですもんね。

回転派のアトリエでは、すべてのものが回転し、「まわる歴史」のコーナーでは、日本の歴史も、個人の思い出もくるくるまわる。
c0155474_21481485.jpg

c0155474_2151555.jpg

真っ赤なダルマが歌っているところを通りすぎると、一転白っぽい部屋になり、机の上に置かれた、レシートやトイレットペーパーや、コンビニのトレーの容器や日常のチマチマしたものがまわる「回る白昼夢」の部屋。いやはや圧巻である。
c0155474_21511873.jpg

c0155474_215458100.jpg

考え方をえいやってひっくり返したりするのが現代アートだから、まわしてみせるのは、実にアートなのだった。
赤瀬川原平はよじれの不安があるけど、しりあがり寿はいきなり飛んでしまうのね、と思ったことだった。

# by sustena | 2016-07-18 21:58 | Art/Museum | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 18日

だいぶ大きくなったカルガモのヒナ

カルガモのヒナがすくすく育ってる。
先日などは、2羽と親がそろって羽のお手入れ。
c0155474_214774.jpg

他の大勢のカルガモとともに、池をゆうゆうと泳いでいたり。
どのくらいまで親と一緒にいるものなのかしらん。
c0155474_2165572.jpg


# by sustena | 2016-07-18 21:05 | 小さな自然 | Trackback | Comments(0)